スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米版Extreme Victoryに収録される海外新規カードその2

MARA.jpg

フレイバーテキストなにそれ美味しいの?

flavortext.jpg

フレイバーテキストとはカードに書かれている効果とは
全く関係の無いテキストで、例えばそのカードについての小話や
カードゲームのストーリーについて書かれています。
つまりフレイバーテキストとは(flavor)風味をカードに加える要素です。


日本はどうかはわかりませんが、海外ではフレイバーテキストの書かれているカードゲーム
マジックザギャザリング(MTG)が、人気なカードゲームなので
フレイバーテキストを読んで楽しむ傾向があるみたいです。


海外の掲示板で遊戯王もノーマルモンスター以外のカードも
フレイバーテキストがあればいいなと話題になっていたので
続きから反応の一部をご紹介します。


YCS CharlotteのTOP32のデッキレシピ公開その3

3回に分割してご紹介していた遊戯王チャンピオンシップTOP32のデッキレシピ紹介ですが
その3にて終了となります。

今回は六武衆、墓守×3、光デュアル×2、カエル帝、植物シンクロ、ドラグニティ、魚
10種類のレシピをご紹介します。



続きからコナミ公式よりTOP32のデッキレシピです。

YCS CharlotteのTOP32のデッキレシピ公開その2

遊戯王チャンピオンシップのTOP32のデッキ紹介その2です。

今回はカオスプラント、墓守×5、デッキ破壊、X-セイバー、六武衆、アンチモンスター、光デュアル、BF
12種類のレシピをご紹介します。
とにかく墓守が多いです。

墓守は手軽に作れて強力なので
墓守と六武衆の使用率はだいたい同じか、墓守が少し多い感じなんですかね。


続きからレシピをどうぞ。

YCS CharlotteのTOP32のデッキレシピ公開その1

英語版コナミ公式でレシピが公開されていたので
分割してご紹介します。


その1で紹介するデッキは 魚デッキ×2 ドラグニティ フレムベル
光デュアル カラクリマシン X-セイバー 六武衆 墓守となっています。



続きからレシピをどうぞ。

YCS Charlotte優勝デッキレシピ

winner.jpg




ノースカロライナ州シャーロットで開催された
遊戯王チャンピオンシップシリーズ2011の優勝者Sean Coovertのデッキが判明したので
ご紹介します。


続きからデッキレシピとインタビュー動画です。



アンティ決闘だ!!

Gambling.jpg

アンティ決闘とはカードを賭けて決闘するという決闘スタイルで
原作ではダイナソー竜崎と城之内が王国編で
レッドアイズと時の魔術師を賭けたり
バトルシティ偏ではルールに組み込まれていました。


実際の遊戯王カードゲームでもやったことある人も少なからずいるかもせれません。
でもアンティ決闘は、金銭を賭けているわけではありませんが
賭博罪に当たる恐れがあるようなのでご注意を。


海外掲示板でアンティ(賭け)決闘が話題となっていたので
抜粋し続きからご紹介します。

初めて手にしたプレイマット

yusei2009.jpg

決闘者なら一度は憧れる?プレイマット
残念ながら日本では公式はあまりないようで
公式のプレイマットを手に入れようとすると
海外のプレイマット頼りになってしまいます。

公式であれ非公式であれ
初めてプレイマットに手を出すのは
結構いい値段がするので、なかなか手がでにくいものですよね。


海外遊戯王掲示板で、決闘者はどんなプレイマット使っていて
どうやって初めてのプレイマットを入手したかなどの話題があったのでご紹介します。


続きから抜粋した掲示板での反応です。

遊戯王チャンピオンシップ今回の優勝者

winner.jpg

現地時間2011年3月19~20日の二日間にわたり
アメリカ、ノースカロナイナ州、シャーロットで開催されていた遊戯王チャンピオンシップシリーズですが
大勢の決闘者の長いようで短い熱い決闘の末
ついにチャンピオンが決定しました。

写真の彼こそが、総勢1047人の大会出場決闘者の頂点!
Sean Coovertです!!!

彼の使用デッキは六武衆デッキで決勝戦の相手Nicky Lacailleの魚デッキに勝利し
チャンピオンとなりました!
おめでとうございます!!Congratulations to Sean!!

彼のデッキレシピはわかり次第ご紹介します。

さらに続いて今回の大会レポートはまだ十数件の記事を訳し終えていないので
需要があるかはわかりませんし、スローペースですがご紹介していこうと思っています。

Winner2.jpg


And the winner is…

今回のチャンピオンシップで注目の集まるカード達

前回の投稿ですでに遊戯王チャンピオンシップが開催されたことについて触れましたが
今回の大会は前回とは違い制限改訂によって
使われるカードが大幅に変更されると予想できます。

英語版コナミ公式サイトより
日本の環境ではなく海外の環境ですが
今回の大会で採用されるであろうと注目の集まっているカードの記事がありましたので
ご紹介します。



続きから注目の集まるカードです。


Pagination

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。