スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米で開催されるWCQ(選考会)で活躍しそうなテックカード

 

もうすぐ北米でWorld Championship Qualifierが開催される時期となった!
そこで多くの決闘者は、トーナメントで差をつけるために
デッキにお気に入りのテックカードを採用しているだろう。
(※テックカード:その環境で刺さるカード)
今回は、WCQで多くの決闘者が使いそうなテックカードをチェックしてみよう!!

1.) ソウルテイカー

Soul Taker

ソウルテイカーは、 YCS Philadelphiaでよく使われたカードでありWCQでもその人気が続きそうなカードだ。
一見ソウルテイカーは、モンスターは破壊できるが
相手に1000ポイントのライフを与えてしまうため、あまりいいカードには見えず
地砕き地割れより劣って見えるかもしれない。

しかし悪知恵の働く決闘者は、この相手に1000ポイントのライフアドバンテージを与えるカードを使う。
なぜならソウルテイカーは、相手のモンスターを破壊した後に1000ポイントのライフを回復する。
よって相手は、普通モンスターが破壊された時に発動できる「~時、~~発動できる」といった
モンスターの効果は発動できない。

こういった効果を持つモンスターでよく使われるカードである
E・HERO Theシャイニングライトパルサー・ドラゴンソウルテイカーにより破壊されると
まず相手のライフが1000ポイント回復するため、破壊されたモンスターは効果を発動することができず
除外された2体のHEROを手札に戻すことや墓地から闇属性のドラゴン族モンスターを特殊召喚できない。


2.) 迅雷の騎士ガイアドラグーン

Gaia Dragon the Thunder Charger

迅雷の騎士ガイアドラグーンは、登場後すぐに人気のテックカードとなったモンスターだ。
このカードは事実上ランク7のモンスターだが
ランク5またはランク6のエクシーズモンスターに重ねることでエクシーズ召喚することができるので
非常に簡単に召喚し活用することができる。

迅雷の騎士ガイアドラグーンは貫通能力を持っていることから
魂を削る死霊のような守備力の低いモンスターに攻撃するときに頼りになるモンスターだ。
さらに聖刻龍王-アトゥムスのようなモンスターを攻撃力2600にアップグレードすることもできる。

しかしいままで話した活用法以外にもクールな使い方がある。
精神操作エネミーコントローラーで、相手のランク5や6のモンスターのコントロールを奪い
その上にガイアドラグーンを重ねると、相手のNo.39希望皇ホープ
CNo.39希望皇ホープレイにするトリックと同じようなプレイができる。
ガイアドラグーンがエクストラデッキに入る今
エクシーズモンスターがコントロール奪取により反逆することが更に多くなることだろう。


3.) 太鼓魔人テンテンテンポ

Temtempo the Percussion Djinn

ランク3のエクシーズモンスターである太鼓魔人テンテンテンポ
徐々にだが多くのエクストラデッキで採用されつつあるカードだ。
テンテンポは、レベル3のTour Guide From the Underworldを使うことで簡単に召喚でき
そして多くのエクシーズモンスターを破壊させてくれる。

1ターンに1度、テンテンポは相手のモンスターからエクシーズ素材を取り除き
自分の魔神と名のつくモンスターに永続の攻撃力500ポイントブーストを与える。
この効果はクイックエフェクトのため相手ターンでも発動できることをうまく使い
テンテンポの召喚ターンに素材を取り除き攻撃力を上げ
自分のターンエンドしてすぐにでも効果を再び発動すればいい。
今までテンテンポは発条機雷ゼンマインの効果を発動させないで素材を取り除くために使われていたが
その効果は他のエクシーズモンスターに対しても非常に良く
特に素材がないとデメリット効果を発動するモンスターに対しては効果絶大だ。


4.) 交響魔人マエストローク

Maestroke the Symphony Djinn

交響魔人マエストロークも最近、エクストラデッキに採用されてきている。
このランク4のモンスターは、他のランク4を寄せ付けない効果を持っている。
マエストロークは素材を取り除くことで、破壊から自身か他の魔神モンスターを守ることができる。
そして素材を取り除くことで相手モンスターを裏側守備にできるため汎用性がとても高い。
マエストロークは月の書を使った攻撃と似たようなプレイを再現させてくれるため
採用することでエクストラデッキを強化することができる。

今回紹介したカードは、World Championship Qualifierで使われるであろうカードの1部でしかない。
他のカードは今後のトーナメントに注目しチェックしていこう!

Top Tech Going into the North American WCQ (part 1!)


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

ソウルテイカ―のような人間になりたい
  • URL
  • 2012/06/20 19:28

ソウルテイカーでシャイニングがタイミングを逃すなんて知らなかった
  • URL
  • 2012/06/20 20:17

ツアーガイドは相手がエクシーズ出すまで温存するようになったのか?
それともただの販促?
  • URL
  • 2012/06/20 20:23

いや、相手の場にエクシーズが出てるときにツアーガイドを引いた場合じゃないのか?
  • URL
  • 2012/06/20 20:56

簡単に言えば 破壊がトリガーとなる任意効果モンスターはタイミングを逃すからソウルテイカーの餌食だ!!
  • URL
  • 2012/06/20 21:30

俺もソウルテイカーは知らなかったな、かなり強く見えてきた
  • URL
  • 2012/06/20 22:09

TU8的に呪言の鏡推してくるかと思ったけど違うのか
  • URL
  • 2012/06/20 22:38

現環境で1000ライフなんて安いもんだしな
  • URL
  • 2012/06/21 11:15

アブゼロもタイミング逃すの?
  • URL
  • 2012/06/21 17:06

このカードがフィールド上から離れた時、相手フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。

「~する」で強制だからアブゼロはタイミングは逃さない
ついでに「~場合」はタイミングは基本逃さない。「~時」については
上で書かれてる通り
  • URL
  • 2012/06/21 17:42

ソウルテイカーはシモッチバーンなら超強力カード
最近は1:1交換の魔法って採用率低いよね?
  • URL
  • 2012/06/21 18:17

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。