YCS Toronto TOP4デッキ



1st:ゼンマイ


2nd:グランソイルサイキック



3rd:ギアギア



4th:ゼンマイ

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

グランソ\\\イルサイキックってwww
  • URL
  • 2012/09/04 21:27

名無しさん

ソイヤ3積みとは凄まじい構築…!
  • URL
  • 2012/09/04 21:30

地属性サイキックとミラシンで調節すんのか…
  • URL
  • 2012/09/04 22:51

名無し

なんだろう
物凄いグランソイヤを感じる・・・ソイヤッ!ソイヤッ!
  • URL
  • 2012/09/04 22:54

だれかグランソイルサイキックの回し方を教えてくれ
  • URL
  • 2012/09/04 23:44

レシピってどこで見れますか?
  • URL
  • 2012/09/04 23:48

名無しのフィール

外人はドロー大好きだからカーD3詰みがデフォだと思ったのに・・・

それにしてもどんな環境でもメイン増Gは変わらないんだな
  • URL
  • 2012/09/05 00:04

2位の人は、イケメンならではの構築だな…
  • URL
  • 2012/09/05 01:20

グランソイル………だと………?
  • URL
  • 2012/09/05 06:55

>外人はドロー大好きだからカーD3詰みがデフォだと思ったのに・・・
>それにしてもどんな環境でもメイン増Gは変わらないんだな

ドロー大好きだからな
  • URL
  • 2012/09/05 07:35

やっぱり海外は面白いデッキ考えるよな
デブダンも最初海外が考えてたが遅いや環境合わないと日本組が言ってたが実際環境デッキになったし
近年日本組のデッキの独特せいが落ちたよな・・・
  • URL
  • 2012/09/05 07:50

日本でもゼンマイカラクリ暗黒界が流行ったらメインからG積んでも良い気はする
  • URL
  • 2012/09/05 08:26

瀬戸 嵐

ゴキブリのメインイン入りに嫉妬ww

ハンターがメインから消えたと言う事はやはり、今後のゼンマイの大きな進化を期待せざる得ない。
ラビットやシャークの規制が無い分自由に動けるんだろうけど、海外でも良い環境になったと思う。

ブリューナクの代わりのエクストラが何とも言えない雑な構成になってる。
  • URL
  • 2012/09/05 10:39
  • Edit

2位の人のエクストラ、リバイス・ドラゴンの次ってなんのカード?
  • URL
  • 2012/09/05 13:24

向こうのグランソイルはシクレアなのによくやるわwww
  • URL
  • 2012/09/05 15:22

↑↑
REDUの銀嶺の巨神
  • URL
  • 2012/09/05 16:30

こうして動画を上げていただくのはうれしいのですができればデッキレシピを張り出してはくれないでしょうか?
  • URL
  • 2012/09/05 18:05

あめがスキ

誰も1位の自作プレイマットには触れないのね、、、
まぁランク3~5がいろいろ出せて
ウザサ抜群のウサギがいるからゼンマイはまだまだ行けるだろうね
てか剣闘獣の時代はもう来ないのかな~
  • URL
  • 2012/09/05 18:46

グランソイルサイキックの罠1枚ってなんだ?イラスト知らん...
  • URL
  • 2012/09/05 19:06

↑サイコ・チャージ
自分の墓地に存在するサイキック族モンスター3体を選択し、デッキに加えてシャッフルする。
その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。
だと思う
  • URL
  • 2012/09/05 20:48

ありがとう!モヤモヤが消えた
  • URL
  • 2012/09/06 12:46

グラインソイルの人、NERDっぽい
日本のオタクみたいなカードケース使うとか、ちょっと引いたわ
それともアメリカでも当たり前なのか?それともこれはNERDの大会か?
  • URL
  • 2012/09/08 00:46

重勁

ゼンマイがまだ生きてる環境が羨ましい

もし活躍し過ぎたら規制が怖いからはよシャークとうさぎ来日させろ



にしてもグランソイルでここまでいくなんてやるな
カードケースは伊達じゃなかったか
  • URL
  • 2012/09/09 05:04

とりあえず鏡置いときますね
  • URL
  • 2012/09/25 05:28

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター