スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイキックfeat.グランソイル

YCSトロントでは様々なクールなデッキが使用されていた。大会2日目のプレーオフラウンドでは、特徴的な10種類ものデッキが優勝を争い決闘していた。それらのなかで一番気になった最高にクールなデッキは、決勝まで勝ち進んだ地霊神グランソイルが入ったサイキックデッキだ。このデッキはまだあまり知られてないデッキなので、この記事でデッキの動きとキーカードを紹介しよう。


guransoildeckatycs (3)


サイキックデッキの戦術は地属性サイキック族モンスターとサイキック以外の使い勝手のいいカードガンナーNグランモール増殖するGなどの地属性モンスターを使用してパワフルなシンクロモンスターやエクシーズモンスターを召喚することが基盤となっている。そしてその過程で墓地に地属性モンスターを貯めこみ、一度墓地に地属性モンスターが5体揃えば、満を持して地霊神グランソイルを特殊召喚できる!!

guransoildeckatycs (1)


Extreme Victoryに収録された静寂のサイコウィッチ沈黙のサイコウィザードサイ・ガールの3枚は、このデッキでとても重要な役割を持っている。時に静寂のサイコウィッチは破壊されフィールドから墓地に送られた時、デッキから攻撃力2000以下のサイキック族モンスターを除外して次のスタンバイフェイズに除外したモンスターを特殊召喚するため、3枚の中でもっとも重要なカードとなっている。
チューナーモンスターであるサイコ・コマンダーサイコジャンパーを含め、すべてのサイキック族モンスターは地属性なのと、そこから地属性シンクロのナチュル系モンスター呼び出せるので、グランソイルはサイキックデッキと相性がすごくいい!

グランソイルに対しての不満として聞き飽きたことは、もしグランソイルが2枚手札にきたら1枚目を特殊召喚した後に、効果で自分の墓地の地属性モンスターを1枚特殊召喚してしまうから2枚目を特殊召喚できないという不満だ。この不満を口にする者はカードテキストをしっかりと読んでいない。グランソイルが特殊召喚するのは自分の墓地の地属性モンスターではない、死者蘇生のようにお互いの墓地のモンスターを特殊召喚できるんだ。自分の墓地から地属性以外のモンスターまたは相手の墓地のモンスターを蘇生すれば、1体目に続き2体目もグランソイルを降臨さることができる!!

相手のモンスターを奪えるということが、このデッキの強さの秘訣だ。グランソイルに加え、強制転移サイコジャンパーがデッキに採用されているためフィールドにいようが墓地にいようが相手のモンスターにはコントロール奪取がされない安息の地は存在しない。
レベル2チューナーのサイコジャンパーはライフを1000ポイント支払うことで、自分のサイキックモンスターと相手のモンスターのコントロールをTG1-EM1のように変更することができモンスターだが最近、緊急テレポートが無制限となったためジャンパーやジャンパーの効果で入れ替えるモンスターをデッキから直接呼び出すことが容易となった!

guransoildeckatycs (2)


緊急テレポートは昔から便利なカードであったが、コントロール奪取コンボやシンクロ召喚、エクシーズ召喚の準備やExtreme Victory収録のサイキック族3体、ナチュルシンクロ、銀嶺の巨神の登場により昔よりはるかに素晴らしいカードとなっている。

全てにおいて実践的でクールな戦略のデッキだが、まだ改良の余地が残されている。例えばミラクルシンクロフュージョンアルティメットサイキッカーが複数枚、YCSトロントで使われていたデッキに入っていたが、それらをナチュル・ランドオルス聖刻神龍-エネアードへ変更して魔法カードを月の書や3枚目のサイクロンまたは2枚目の強制転移に変更すればより安定するかもしれない。

グランソイルを複数枚使用する場合、エネアードは重要なエクストラデッキ枠のカードとなる。なぜならグランソイルがフィールドを離れた時、次の自分のバトルフェイズをスキップしなければならないというデメリット効果があるが、2体のグランソイルでエネアードをエクシーズ召喚してしまえばデメリット効果を回避することができるからだ。もしエネアードをエクストラに入れていないようであれば是非採用してもらいたい。
Jeff Jones(サイキックグランソイル使用者)がエネアードをエクストラに投入していたとすれば、もしかするとYCSトロントで優勝できていたかもしれない。

サイキック族とグランソイルは今後もトーナメントで活躍するのだろうか?活躍しない理由がない。意外性を抜きにしても実質4枚の死者蘇生と3枚の攻撃力2800のアタッカーや相手モンスターの洗脳などは、まったくもって素晴らしい。こんな戦略のデッキが活躍しないとなると驚くしかない。

Cool Deck from YCS Toronto: Psychics feat. Grandsoil!


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

名無しさん

これサイキックスレでも注目されてたな
マシンソイヤとかコアキソイヤとかも結構楽しいぞ
  • URL
  • 2012/09/22 13:35

うまく考えてるんだな
  • URL
  • 2012/09/22 13:40

グランソイヤで相手モンスター蘇生としてもグランソイヤが墓地にいったらもう1体のグランソイヤは出せないよね
  • URL
  • 2012/09/22 14:08

相変わらず海外のコンマイは面白い読み物を用意してくれるなあ
  • URL
  • 2012/09/22 15:56

究極さんよりエネアードか・・・
マエストのせいで評価低くて悲しい
  • URL
  • 2012/09/22 17:38

名無し

俺は岩石ソイヤ作った、ブロックゴーレムをソイヤで蘇生してまたランク4を狙ったり事前に出したエクシーズをまた出せる。

ちょっと追加買ってくる
  • URL
  • 2012/09/23 00:24

俺はXソイヤー作ったわ
ソイヤとガト緊が揃えばインヴォブレハで瞬殺出来るで
  • URL
  • 2012/09/23 01:50

GortLing

面白そうだなこのデッキ…ちょっくらパーツ揃えてくるか。
  • URL
  • 2012/09/23 01:52

maeko

ソイヤ人気過ぎwwwww
  • URL
  • 2012/09/23 12:25

EXVCはTGのために買いまくったけどサイキックでも楽しめそうだ
  • URL
  • 2012/09/23 17:54

スクラップもソイヤし易いしマジソイヤ
  • URL
  • 2012/09/23 23:46

究極さん…
  • URL
  • 2012/09/24 20:20

ここのコメにあったからスクラップソイヤ組んでみた、ソイヤでスクドラスタダ釣るのすげぇ楽しい
ドラゴンのシンクロを多用するからクイーンドラグーンの蘇生も簡単にできるのがいいな
  • URL
  • 2012/09/25 05:29

テレソイルってやつだね
  • URL
  • 2012/09/25 14:20

名無しのフィール

いやエネアードは宣伝だろパックと缶の
どう考えても入らない
  • URL
  • 2012/09/25 16:34
  • Edit

エネ缶の宣伝??どっからどうみてもクズ缶だろ
  • URL
  • 2012/11/07 05:48

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。