蒼眼の銀龍への反応

Silver Dragon of Blue Eyes

蒼眼の銀龍
☆9 光 ドラゴン 2500/3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。
次のターンの終了時まで、自分フィールド上のドラゴン族モンスターはカードの効果の対象になら ず
カードの効果では破壊されない。
また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。
自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。

・うーむ、パワフルなカードだね
ブルーアイズに耐性つけれるね
攻撃力が低いのでバランスとれてる
これって新しいストラクチャーのカード?


・このモンスターじゃ別にブルーアイズデッキを強くするほどでもないな
もうちょっとサポートがいるよ。


・カードのステータスがブルーアイズの攻守の逆になってるね
ブルーアイズと伝説の白石でだせてブルーアイズを手札に加えれて
更に次のスタンバイフェイズに墓地からブルーアイズを呼び出せる。


・こいつが次のストラクチャーデッキのカバーを飾るのか。


・チューナーじゃない通常モンスターが素材に必要だから
普通のシンクロデッキのレベル9枠には使えないな。


・いいね、ブルーアイズデッキの守りのカードだ
それに次のスタンバイフェイズには墓地から蘇生できる
大抵のモンスターじゃ3000の守備力は超えれないね
伝説の白石とブルーアイズで出したらディスアドをなくせる
ブルーアイズデッキでも使えるレベル1チューナーも他にもいるから
必要なら採用できるね。


・征竜なら簡単に出せるじゃん
こいつはブルーアイズのサポートより征竜のサポートになるぞ。


・どの通常モンスターを征竜に入れるんだ?


・冗談か文字が読めないんだろう。


・よし!魔の試着部屋ワンキルデッキにいいボスモンスターがきたぜ!


・伝説の白石+ブルーアイズでだせるけどステータスが弱いなぁ。


・他のサポートカード次第だなぁ
このカードだけなら微妙だ。


・お前たちはどんなカードだったら満足するんだい?
壊れカードではないけど糞カードでもなんでもないだろ
最近の遊戯王プレイヤーは壊れカードに慣れすぎだし
7割ぐらいの出来にカードに文句言い過ぎ。

Silver Dragon of Blue Eyes


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

トークンは通常モンスター扱いなので何かできそうなんですがね…
フォトンサンクチュアリがシンクロ素材に出来ればと思わなくも無い
  • URL
  • 2013/04/11 22:05

青眼よりデュアルで活躍しそうなイメージ
ダークストームドラゴン辺りと組み合わせればいいかもしれないですね
  • URL
  • 2013/04/11 22:32

最後が正に正論だな
最近のプレイヤーはインフレやパワーカードに慣れすぎてカードパワー求め過ぎたりヤバい緩和求めたりだんだん暴走してる
  • URL
  • 2013/04/12 00:22

楽しむのを忘れた人間が増えすぎて、今の遊戯王はなんか微妙だな。
  • URL
  • 2013/04/12 02:40

はじけちゃった満足さんみたいなもんか
  • URL
  • 2013/04/12 09:42

名無しさん

↑↑ ネットに毒されすぎ
ネット(最悪2ch)が全てと錯覚して、常軌を逸した人間ばかりみてたらそりゃ嫌になる
ネット利用者全員がそうではないし、TCGに限った話じゃないが
  • URL
  • 2013/04/12 14:58


けどネットでこんな書き込みするがいるって事は最低こー言う奴らがいるって事だからな
最近自分たちの周りはともかくネットは民度が低い奴ら増えてきてるからな
  • URL
  • 2013/04/13 09:47


そりゃ色んな奴らがパソコン使ってるんだからお前と価値が違う奴がたくさんいても仕方ないだろ
それを民度が低いとするかは別として
つうか、そういった連中がネットにいると遊戯王が楽しめないって、お前はきっと何も楽しめないぞ
  • URL
  • 2013/04/13 20:18

長く続けてりゃ楽しみたい奴より勝ちたい奴が増えるのは当たり前
最近はインフレも激しいし強いカードが求められてる
  • URL
  • 2013/04/14 12:24

しぼりカス

忍者聖刻龍に、チューナー入れればいいじゃん。
他にも、ラビードラゴンとか使えるし、ワンフォーワンでレベル1チューナー出せる
ブルーアイズ限定じゃないから、以外に簡単かもしれない。
  • URL
  • 2013/04/15 18:59

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター