スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王VRAINSは最高傑作になるポテンシャルがある?

vrains.jpg

カードゲームのアニメは販促のためだけど遊戯王はストーリーは面白いしキャラクターも魅力的だ。次回作の遊戯王VRAINSはシリーズ最高傑作になると思うんだ。そう思う3つの理由を挙げてみようと思う。

理由1:設定
VRAINSの設定ではVR空間でホバーボードを用いて決闘をするため5D'sやArc-vの様にアクションやダイナミックな決闘が見れるだろう。そして注目してもらいたいのは主人公の藤木遊作についてだ。ご存知のように彼は目立つのがあまり好きではない。そんな彼だが決闘により彼の物語が始まる。
遊戯王において主人公が決闘を始めることで様々な人物に出会うことになる。それに伴い遊作のリアクションや強くなっていく過程、戦った決闘者からどのような学びを得ているのかを見ることができるだろう。そして決闘の始まりは彼の成長の始まりだ。彼の初期段階は目立つことが苦手な内向的な性格だけど、シリーズを通してどんな人間に成長していくのかが見れるはずだ。

理由2:伝統
DMではバトルシティ編、GXでは3−4期、5D'sではダークシグナー編、ZEXALではバリアン編、Arc-Vではバトルロイヤル編といった様に遊戯王アニメシリーズには素晴らしいストーリーがある。しかし歴代シリーズのストーリーには何かしら欠点がある。遊戯王のアニメはもう20周年だからスタッフは何をどうしたらいいかを知っているはずだ。だからVRAINSでは歴代のいいところを集めた20年の集大成となるアニメになるだろう。
歴代シリーズの伝統の何が大事なのかという理由は他にもある。それはキャラクターのタイプだ。海馬やジャックのようなライバルキャラ、城之内のようなユーゴのような馬鹿だけどいいキャラ、ベクターやユーリみたいな適役みたいなキャラクターをVRAINSに登場させるのはいいが今までの遊戯王シリーズにいなかったタイプのキャラを登場させれるのではないと期待している。個人的にはヒロインを歴代最高のもににしてほしい。なにせ20年の伝統があるんだ。どのようなキャラが皆に受け入れられるか悟っていてほしいものだ。

理由3:競合
アニメも市場にも競合がある。そしてそのなかで生き抜くには作品にベストを尽くす必要がある。遊戯王のアニメの場合はカードを売ることが最優先でありストーリーを語るのはその次だ。しかしストーリーでターゲット層を惹きつけなければ他の販促アニメに客が奪われてしまう。日本ではカードゲームがとても人気であり他にもカードゲームのアニメがある。他のカードゲームが面白いアニメを作るのなら20年の歴史のある遊戯王は市場での競争を勝ち抜くために魅力的なアニメを作ることが必要になる。

以上が遊戯王VRAINSが最高傑作となるポテンシャルがあるという理由だ。一個人の意見だからシェアしてみんな意見も聞いてみたいと思う。



・君はVRAINSに期待しすぎてるよ。期待は失望のリスクだ。

・Arc-Vは最高傑作になりうる可能性を持っていたが今となっては見ての通りだよ。

・Arc-Vは一応楽しめたけどな。

・アニメのアートを見た限りでは少しは期待してもいいかなと思うよ。
サーカスのピエロみたいなものよりも皆が求めているものはクールでスタイリッシュなものだとコナミが気づいてくれたようだ。

・アニメの絵の質はArc-Vのときとあまり変わらないと思うぞ
まぁあまり期待しないでおこう。そうしたほうが作品を楽しめるよ。
実際Arc-Vそういう姿勢なら楽しめたからね。

・どのシリーズも最初は最高のポテンシャルを秘めてたよ。そこからアップダウンする。
VRAINSが他と違ってそうならないとは思えない。でも酷いときでも見れる安定したクオリティにはなりそうだ。

・VRAINSは主人公が相手の考えを読む力があるし新ルールでカード配置が重要になってくるから良い戦略が見れそうだ。

・君はとりあえず落ち着いたほうがいい。あまり期待しすぎるとArc-Vに期待しすぎて文句を言いまくる人間みたいになってしまうぞ。

・期待するのはいいと思うよ!俺は遊戯王シリーズ全部好きだ。
主人公は遊星や遊戯、4期の十代を思わせるようなクールでかっこいい。
Arc-Vでアニメシリーズ終わらなくてよかった・・・。

・新シリーズは興味あるし見続ける。リンクモンスターやモンスター配置とかどうしていくかをはやく見たい。新ルールとリンクモンスターを始めて知ったときから気になっていたんだ。
20年の歴史があってもクソみたいなことし続けるんだ最終的にどんな内容になるかはわからん。

・SAOみたいなVRを取り入れるのもいいだろう。
ゲームで死んだから闇の領域に送りになるデスゲームみたいな感じで。

・待てよ・・・Arc-5、V=5、つまり5作目だからそういうタイトルだったのか今まで気づかなかったぜ。

・HAHAHAまぁ今気づけたからいいじゃん!

・そしてVRAINSは6文字。さぁ確信へ迫ろう。

Why Yu-Gi-Oh! VRAINS has the potential to become the greatest series to date

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。