スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の新テキスト 魔法・罠編

一つ前の記事では
問題解決テキスト(仮)ことProblem-Solving Card Textのモンスター編でしたが
この記事は、魔法や罠カード編となっています。

モンスター編を読んでからこちらの記事を読んでみてください。


前回に引き続き
カードを発動できる状態を緑
カード発動じ行う行動を赤
カード効果解決時に行う処理を青
で表記します。

魔法カードそして罠カードの新テキスト

魔法・罠カードはある地点で、チェーンブロックを作る
なぜなら魔法や罠を発動することでチェーンが始まるからだ。

魔法そして罠カードのテキストにはコロン(:)やセミコロン(;)は書かれない
だが魔法・罠カードを発動すればチェーンは始まる。(モンスターの召喚はチェーンブロックを作らないので、テキストにコロンやセミコロンが書かれているという違いがある)

例) 強制転移
このカードのテキストにはコロンやセミコロンは書かれていないがチェーンブロックは作る
Each player chooses 1 monster they control and switches control of those monsters with each other. Those monsters cannot change their battle positions for the rest of this turn.

多くの魔法や罠カードには発動できるタイミングがある
発動できるタイミングを持つカードにはコロンやセミコロンが使われる
だがこれはコロンやセミコロンがない魔法・罠カードと処理が違ってくるわけではない
例えば盗賊の七つ道具
When a Trap Card is activated: Pay 1000 Life Points;negate the activation and destroy it.

コロンの前に緑で書かれている部分により
この魔法・罠カードを発動できる特定のタイミングを表し

セミコロンの間に赤で書かれている部分によって
このカードの発動時に行う行動を表示し

最後に青で書かれている部分により
効果解決時にどうなるかを明記している。

Problem-Solving Card Text, Part 3: Conditions, Activations, and Effects


長くなると思い前編後編にわけたんですが
一つの記事でも十分でした。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://times0305.blog79.fc2.com/tb.php/239-fe772525

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。