海外コナミ公認ジャッジ認定試験問題その2

第一弾が好評だったので第二弾です。
公認ジャッジがなんのことかわからない人はリンクを踏んで
第一弾の記事に少し説明を書いているのでそれを読んでみてください。



1.エド・フォニックス(プロ)が手札からD-HEROディアボリックガイを墓地へ捨て、
手札からダークグレファーを表側攻撃表示で特殊召喚した。そして十代はDDクロウを手札から捨てた場合、
以下の選択肢から正しいものを選べ。

D-HERO ディアボリックガイ
効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外して発動する。
自分のデッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を
自分フィールド上に特殊召喚する


ダーク・グレファー
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1700/守1600
このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、
手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てる事で、
自分のデッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。


D.D.クロウ
効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
このカードを手札から墓地へ捨てて発動する。
相手の墓地に存在するカード1枚を選択し、ゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


①十代には優先権があるためDDクロウをディアボリックガイを選択し発動できる。
またエドはDDクロウの効果にチェーンしてディアボリックガイをコストとして除外できる。

②十代はエドが優先権を放棄するまでDDクロウを発動する事はできない。
またエドには優先権があるので十代がDDクロウを発動できるようになる前に、
ディアボリックガイの効果を発動できる。

③十代には優先権があるためDDクロウをディアボリックガイを選択し発動できる。
しかしエドはDDクロウの効果に対しチェーンしてディアボリックガイの効果を発動する事はできない。

④十代はエドが優先権を放棄するまでDDクロウを発動する事はできない。
そしてエドに優先権が残り続けるがディアボリックガイの効果は発動することができない。

⑤選択肢にはない。



2.城之内はフィールド上の表側表示で存在するボーン・クラッシャーをリリースし、
人造人間サイコ・ショッカーをアドバンス召喚した。
その召喚に対して海馬は神の宣告を発動した。
以下の選択肢から正しいものを選べ。

ボーン・クラッシャー
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1600/守 200
このカードがアンデット族モンスターの効果によって
自分の墓地から特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を破壊する事ができる。
このカードは特殊召喚したターンのエンドフェイズ時に破壊される。


神の宣告
カウンター罠
ライフポイントを半分払って発動する。
魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。


人造人間サイコ・ショッカー
効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2400/守1500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いに罠カードを発動する事はできず、
フィールド上の罠カードの効果は無効化される。


王宮のお触れ
永続罠
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカード以外のフィールド上の罠カードの効果を無効にする。


砂塵の大竜巻
通常罠
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
その後、自分の手札から魔法または罠カード1枚をセットする事ができる。


デストラクション・ジャマー
カウンター罠
手札を1枚捨てる。「フィールド上のモンスターを破壊する効果」を持つ
カードの発動を無効にし、それを破壊する。



①城之内は王宮の弾圧を発動し海馬の神の宣告を無効にできる。

②サイコ・ショッカーの効果によって海馬は神の宣告を発動できない。

③城之内は砂塵の大竜巻を発動できる。

④城之内はデストラクション・ジャマーを発動できる。

⑤選択肢にはない。



3.クロウのフィールド上には表側守備表示の魂を削る死霊が1体存在し、
鬼柳のフィールドには表側攻撃表示のサイコ・コマンダーが存在する。
そして鬼柳のバトルフェイズ、サイコ・コマンダーで魂を削る死霊に攻撃宣言をし、
そのダメージステップ時、ライフを200ポイント支払い効果を発動した。
以下の選択肢から正しいものを選べ。


魂を削る死霊
効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードは戦闘では破壊されない。
このカードが魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった時、
このカードを破壊する。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の手札をランダムに1枚捨てる。


サイコ・コマンダー
チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/サイキック族/攻1400/守 800
自分フィールド上に存在するサイキック族モンスターが戦闘を行う場合、
そのダメージステップ時に100の倍数のライフポイントを払って
発動する事ができる(最大500まで)。
このターンのエンドフェイズ時まで、戦闘を行う相手モンスター1体の
攻撃力・守備力は払った数値分ダウンする。


①サイコ・コマンダーの効果は対象を取る効果なので、
魂を削る死霊は自身の効果により破壊され、巻き戻しが発生する。

②サイコ・コマンダーの効果は対象を取らない効果なので、
魂を削る死霊は自身の効果で破壊されず、戦闘でも破壊されない。

③サイコ・コマンダーの効果は対象を取る効果なので
魂を削る死霊は自身の効果により破壊されるが
巻き戻しが発生しないためクロウは戦闘ダメージを受けない。

④サイコ・コマンダーの効果は対象を取らない効果だが
魂を削る死霊の守備力が0となってしまうので戦闘で破壊される。

⑤選択肢にはない。



4.ボマーのフィールドに表側攻撃表示のブルーサンダーT45が存在する。
遊星のフィールド上には表側攻撃表示の終末の騎士と表が表示の次元の裂け目、
そしてセットしていた激流葬が存在する。
ボマーがブルーサンダーで終末の騎士を戦闘破壊した場合、以下の選択肢から正しいものを選べ。

ブルーサンダーT45
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1700/守1000
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
自分フィールド上に「サンダーオプショントークン」
(機械族・光・星4・攻/守1500)を1体特殊召喚する。
このトークンは生け贄召喚のための生け贄にはできない。


終末の騎士
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1200
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分のデッキから闇属性モンスター1体を選択して墓地に送る事ができる。


次元の裂け目
永続魔法
墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かずゲームから除外される。


激流葬
通常罠
モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動する事ができる。
フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。


①ブルーサンダーの効果が発動しトークンを特殊召喚、それに対して遊星は激流葬を発動できる。

②ブルーサンダーの効果が発動しトークンを特殊召喚、それに対して遊星は激流葬を発動できない。

③ブルーサンダーは終末の騎士が墓地へ送られなかったため効果を発動しない。

④ブルーサンダーの効果は発動するが、終末の騎士が除外されているためトークンは特殊召喚されない。

⑤選択肢にはない。



5.アキはフィールド上には表側攻撃表示のアイヴィ・ウォールが2体存在し、
そのうち1体はデーモンの斧を装備している。
相手プレイヤーが地砕きを発動した場合、以下の選択肢から正しいものを選べ。

アイヴィ・ウォール
効果モンスター
星2/地属性/植物族/攻 300/守1200
リバース:相手フィールド上に「アイヴィトークン」
(植物族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
「アイヴィトークン」が破壊された時、
このトークンのコントローラーは300ポイントダメージを受ける。


地砕き
通常魔法
相手フィールド上に表側表示で存在する守備力が一番高いモンスター1体を破壊する。


デーモンの斧
装備魔法
装備モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分フィールド上に存在するモンスター1体を
リリースする事でこのカードをデッキの一番上に戻す。


①地砕きのテキストによると守備力の1番高いモンスターを1体しか破壊できないので、
2体とも同じ守備力を持つアイヴィ・ウォールは、どちらも破壊されない。

②2体のアイヴィ・ウォールは守備力が同じため、アキがどちらを破壊するか決めることができる。

③2体のアイヴィ・ウォールは守備力が同じため、攻撃力の高いほうが破壊される。
もし攻撃力が同じだった場合は地砕きを発動したプレイヤーが破壊するモンスターを選択する。

④2体のアイヴィ・ウォールは守備力が同じため、地砕きを発動したプレイヤーがどちらを破壊するか選択できる。

⑤選択肢にはない。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://times0305.blog79.fc2.com/tb.php/390-eeaf8880

Comment

4
5
2
5
4
英語読めない><
  • URL
  • 2011/07/23 08:38

45224かな
  • URL
  • 2011/07/23 09:12

35224だな
T45だけ面倒だがそれ以外は簡単だな
  • URL
  • 2011/07/23 09:46

45324?
  • URL
  • 2011/07/23 10:01

25324かな
ディアボの問題はSDLアンデ時代に一度話題になったことだね
これができるからクロウが刺さりにくくなってしまったという覚えがある
これがOCGなら4番かな
サイコマは対象を取る効果だから死霊は破壊されるはず
そんでダメステまで入ってるから巻き戻しは発生しない、と
  • URL
  • 2011/07/23 10:22

45324かね
  • URL
  • 2011/07/23 12:56

45224だったー
  • URL
  • 2011/07/23 13:38

hahaha





4に100ペリカ
  • URL
  • 2011/07/24 12:02

4 現行ルールでは召喚時優先権での起動効果の発動はできない
5 召喚を無効にするタイミングではモンスターはフィールド上に存在せず、よって永続効果は適用されない
 スペルスピード3のまたカウンター罠に対しスペルスピード2のカードを発動できない
3 サイコ・コマンダーの効果は「1体を」とあるので対象を取る効果
 またダーメージステップに入ってからフィールド上のモンスターの数が変わっても巻き戻しは発生しない
2 ブルーサンダーの効果発動条件は「破壊した」なので次元の裂け目があっても問題なく発動する
 しかしダメージステップ中であるため激流葬は発動できない
4 対象を取らなくカードのステータスを参照する効果の基本裁定
  • URL
  • 2011/07/24 12:21


前のルールも召喚成功時に墓地からの起動効果発動は無理だったよ
  • URL
  • 2011/07/24 20:21

3
5
2
2
4

1番目に関しては特殊召喚した事で優先権は相手に移る。よって十代はクロウを発動する事ができる(前のルールだとグレファーの起動効果にチェーンする形になるが)
ブルーサンダーは「戦闘によって破壊し"墓地に送られた場合"」ってテキストじゃないので除外されても出ると言う結論で
  • URL
  • 2011/07/25 02:36

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター