スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E・HERO アナザーネオスで覚える英単語

あなねお

・効果モンスター:Effect Monsters (発音:ife'kt エフェクト モンスター)

グリーンハウス

遊戯王GXを見た人なら何度も某プロがエフェクト、エフェクト言ってたので耳にしたことがあると思います。

effectは名詞「効果、効き目、結果、影響」、他動詞「発効させる、もたらす」の意味を持ちます。

「~への影響」としてEffectを使う場合、「~へ」だけにToを使いたくなるところですけど
Effectの後には「On」を使うことで何かに対しての影響を表現できます。

・Effect on health
健康げの影響

effctに似た感じの単語といえば「affect」があります。
この単語も似たような影響に関係する意味なんですけど
ほとんど動詞でしか使わないので(effectは名詞でよく使われます.)
影響として使うのなら「影響をあたえる」となります。

affectは影響(動)でeffectはその影響による結果(名)です。


あと上の画像のGreenhouse Effectとは
ビニールハウス(温室)は植物を育てるので緑の家(Greenhouse)
そして効果のeffectを付けることで「温室効果」の意味になります。



・デュアルモンスター:Gemini Monster (発音:dʒémənìː ジェミニ、ジェミナイ)

ふたご


デュアルモンスターのデュアルは前の記事で紹介した
形容詞「Dual:二重の」をそのまま使うのかと思いきや
ヂ(ジ)ェミナイデビルのジェミニまたはジェミナイです。

Geminiは名詞で「双子座、双子」を意味します。
どういう理由かはわかりませんが
通常モンスターから効果モンスターになるデュアル感を双子で表しているんでしょうね。



・E・HERO:Elemental HERO

エレメント

エレメンタルヒーローのElementalは名詞の「四台基本元素(地、水、火、風)」を意味します。
四大元素のヒーローだけに属性が全部バラバラとなっているわけですよね。
しかし(地、水、火、風)だけのはずが光と闇のHEROまで存在しています・・・。

Elementalには形容詞「基本的な、成分の、自然の力による」の意味もあります。
自然の力なら光や闇があるのも納得ですね。


ここで少し元素や自然の意味から離れて「基本的な」の意味に着目してみます。
小学校を意味する言葉「Elementary school」には
エレメンタルヒーローのエレメンタルと似たような単語が使われていますよね。
字面がほとんど同じなだけに意味も形容詞「elementary:基本の、簡単な、元素の」のように似通っています。

このエレメンタリーとエレメントもどちらも名詞「element:成分、元素、基礎」を含む単語です。
これら3つの単語の共通点は「元素」です。
元素は物質を構成する基礎となることから「基準」の意味も持つことから
子供の基礎学力を育む小学校に「Elementary」な学校と名前が付いているわけです。

HEROは特に説明することがないので省きます。



・アナザー:Alius

そして「Alius」これが鬼門です。
まずこれは英語ではありませんラテン語です。
ラテン語なのでどうしようもないんですが、このAliusはアナザー「Another」と同じ意味を持ちます。

AliusことAnotherは代名詞「もう一つ、似たようなもの」
形容詞「他の、別の、新手の、~の生まれ変わり」などの意味を持ちます。

靴屋にでも行って試し履きした時、小さかった場合は
・Please show me another
別のを見せて
上のような感じでAnotherを使います。


下記の2つはAnotherの用法で定番所だと思います。

・Another cup of coffee
コーヒーをもう1杯

・One after another
次々に

Anotherと似たような意味で「Others]や「The other」、「The others」というものがあります。
これら3つを見るとOtherにAnたしたらAnotherにもなるし
OtherにTheをつけるとThe otherでもう似通ってて何が違うのか判断が難しいですよね。

まずThe otherから説明すると
「2つのモノの1つを選んだ場合、残ったモノがThe Other」です。

The othersは「3つ以上のモノから1つを選んだ後に残った複数のモノ」がThe othersです。

Anotherは「3つ以上のモノから1つを選び残ったもの中から1つ(任意)」がAnotherです。

Othersは「何個か選ばれた後に残ったモノ中からいくつか」

Otherは形容詞としてのみ使います。


文字だけじゃ説明難しいのでもっとちゃんと知りたい方は
英語の教科書みると図でわかりやすく書かれているのでいいと思います。


This card is treated as a Normal Monster while face-up on the fieldor in the Graveyard. While this card is face-up on the field, you canNormal Summon it to have it become an Effect Monster with this effect.
● This face-up card's name becomes "Elemental HERO Neos".




・扱う:treat (発音:tri'ːt トゥリート)

treatの名詞の意味は「もてなし、おやつ、おごる」
自動詞「取り扱う、処理する、おごる」
他動詞「取り扱う、待遇する、治療する、おごる」などの意味を持ちます。

ハロウィンに人ん家の玄関に押しかけてお菓子をもらうときに言う「Trick or Treat」のTreatでもあります。
この場合だとTrick「いたずら」またはTreat「おかし」となるので
おかしをくれなきゃいたずらするぞ!となります。

しかしここでの意味は動詞「扱う」です。
・This card is treated as a Normal Monster
このテキストの文だとカードが主語で
Be + 過去分詞となっているため受身「扱われる」となります。
そして「As:~として」がくっていることで、As以下として扱うとなります。
よって上記のテキストは「このカードを通常モンスターとして扱われる」となりますが
「扱われる」だとおかしいので日本語のテキストは「このカードを通常モンスターとして扱う」となります。



・~の間:while (発音:hwa'il ホワイル)

出ました前の記事でDuringとの違いを説明したwhileです!
この接続詞には「~の間、いかし一方」
そして名詞で「少しの時間」の意味があります。

名詞の意味を使った表現では以下の2つなどがあります。
・for a while
少しの間

・once in a while
時々

そしてカードテキストでは接続詞の「~の間」として使われています。
接続詞なのでもちろん後ろに来るのは文となります。



表側表示:Face up (発音:fe'is ʌ'p フェイス アップ)

フェイスアップ

「顔」としての意味で有名なフェイスと
「上」として有名なアップの組み合わせです。

この2つがくっつくことで「顔を上げて」となることから
トランプなどのカードを表側に置くことをFace upと表現します。
よって用語の表側表示もこのフェイスアップとなります。

モンスターの表示形式の英語表記は以下のようになります。

表側攻撃表示:Face up Attack position (フェイスアップ アタック ポジション)
表側守備表示:Face up Defense Position (フェイスアップ ディフェンス ポジション)

裏側守備表示:face down Defense Position (フェイスダウン ディフェンス ポジション)


Face upには表側以外にも意味があります。
まずFaceには他動詞で「立ち向かう、直面する」を意味する場合もあるので
Face up to~で「~に立ち向かう」を表します。



・墓地:Graveyard (発音:gre'iv jɑ'ːrd グレイブヤード)

墓場

GraveyardはGrave(墓)+Yard(庭)が合体してできています。
よって墓がある庭なので「墓場」となります。

たしかMTGは墓地のことをセメタリー(Cemetery)と呼んだと思うんですが
このセメタリーも墓地の意味があります。
しかしこのセメタリーはグレイブヤードとは少し違い
「教会に関係ない墓地」らしいです。

「グレイブヤードは教会が隣接
セメタリーは隣接していない」とのことみたいです。


・~になる:Become (発音:bikʌ'm ビカム)

自動詞で「~になる」、他動詞で「似合う、ふさわしい」を意味する単語です。

・Become a duelist
デュエリストになる。
上記のように使えます。

他にもBecome ofで「~はどうなったのか」の意味にもなります。
・What has become of him
彼はどうなったのか

・it become an Effect Monster with this effect
上記のテキストの文だと「以下の効果を持つ効果モンスターになる」という意味になります。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://times0305.blog79.fc2.com/tb.php/717-8552d288

Comment

なんでGeminiなんだろね…
双子の替え玉作戦みたいなイメージなのかな
  • URL
  • 2011/11/08 13:03

 

悪魔族なんかも墓地に行くわけだからgraveyardよりcemeteryのが合ってる気がする
  • URL
  • 2011/11/08 15:32

なんでラテン語にしたし
  • URL
  • 2011/11/08 15:44
  • Edit

海外だと悪魔族はDevilじゃなくてFiend
わからんけどgraveyardで良いんじゃないか
  • URL
  • 2011/11/08 15:54

Geminiはまあいいけど
GraveyardはCemeteryでいいだろ・・・エド的に考えて
  • URL
  • 2011/11/08 20:56

くず鉄のななし

ためになったね~
ためになったよ~
  • URL
  • 2011/11/09 00:57

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。