増殖するGって何に対して使えばいいの?それと何枚ドローできるの?

MAXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXC.jpg

増殖するG
効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカードを手札から墓地へ送って発動する。
このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキからカードを1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。
「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。

・増殖するGを何にチェーンして発動させる?
それと1度の発動に平均してどれくらいドローできる?


・ツアーガイドにチェーンして発動する
そうすればエクシーズを防げる
あとは植物デッキに対して使うと
そのままターンエンドしてくれるからライオウを召喚してやるぜ
ドロー枚数といえば、前にデッキ切れになるほどドローしたことがある。


・いつも1枚ぐらいしかドローできないよ。


・代行天使のヴィーナスからの動きに対して使うといいよな
あと1ターンで天狗を絶滅させるときに使うのもいい
ちなみに俺の魔轟神デッキは増殖するGを使われてもループしまくって
相手にドローさせまくる構成なわけだけど。


・増殖するGってヴィーナスみたいな起動効果にもチェーンできるんだよね?


・できるよ
ゴルドやシルバそれに天狗とかの誘発効果にも発動が可能だぜ。


・でもチェーンに乗らない特殊召喚に対して発動してもドローできないんだよね?


・シンクロのようなチェーンに乗らない特殊召喚ではチェーンしてドローできない。


・プレイングがうまくないプレイヤーに使えば2~3枚
プレイングがうまいプレイヤーなら1枚。


・魔轟神使ってる時に相手が増殖するGを使ってきたから
どうせ真剣勝負でもなかったし相手のデッキ切れを誘えると思って
気にせず特殊召喚しまくった
結局、デッキ切れにはできなかったけど
相手の手札は28枚で残りデッキ枚数は3枚にまで追い詰めた。


・相手にするプレイヤーによるな
でもだいたい2枚かそれ以上はドローできると思うよ
強い奴に対して使っても1枚ドローか2枚ぐらいにしかならない
増殖するGを使うとしたらレスキューラビットやヴィーナス、植物デッキならなんでも。


・増殖するGを気にしないプレイヤーに使って7枚ドローしたことがある
流石にこれだけドローしたんだから、その決闘に勝ったことは驚くことでもない
ヴィーナスにチェーンしたら全部終わった後に、開闢を召喚されて
ワンキルのピンチになったけど、ゴーズを増殖するGのおかげでドローできて助かった。


・だいたい1枚ドローだな
だめなプレイヤーなら2枚ぐらいドローできるんだけどね。


・相手が天狗をシンクロ素材に使うときに発動させるかな
それかレスキューラビットに対して使う。


・まだ使い方を練習中だけど1枚ドローだけだ。


・下手なプレイヤーに対して増殖するGを使ったことがないし必要もない
上手いプレイヤーの場合は1枚以上ドローできることなんてないけど
最低限相手の動きを止めてくれる。


How Much Do YOU Draw From Maxx C?


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://times0305.blog79.fc2.com/tb.php/793-781c76f6

Comment

DOを切断しなかったサイコショッカーに拍手
  • URL
  • 2011/12/09 21:56

神宣とかプロだわwwwwwwww

・・・と思ったらプレイング悪いし構築へたっぴちゃんだった
  • URL
  • 2011/12/09 21:57

いくらドロー出来てもライフが尽きちゃあねぇ…
  • URL
  • 2011/12/09 22:00

ジャンド全盛期に来日してたら
使われたかもね
  • URL
  • 2011/12/09 22:04

米版増殖するGが2500円から全く下がらないwwwwwww

これがすべて語ってる。
  • URL
  • 2011/12/09 22:05

親方!手札からゴキブリが!
  • URL
  • 2011/12/09 22:32

画像は増殖する増殖するGか。
  • URL
  • 2011/12/09 23:15

カラクリに対して増殖するGを使ったらデッキ切れになるまでドローさせられて負けた、なんて話も聞いたことがある。
  • URL
  • 2011/12/12 13:17

キモイカード作ったなwww
  • URL
  • 2012/11/02 09:55

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター