スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂を削る死霊取り扱い説明

reaper.jpg

最近のトーナメントに参加しているのであれば
おそらく魂を削る死霊が様々なデッキに採用されている光景を目にしているだろう。

このように魂を削る死霊の人気が高まる理由は
レスキューラビットが頭角を現してきたからからだ。

アグレッシブな兎エクシーズ決闘者は、激しいかつ素早く襲って来るが
魂を削る死霊は戦闘では破壊されない
よって反撃に出るための計画を練る時間が手に入る。

魂を削る死霊は戦闘破壊に耐性があることから
ゲームを制御する壁となるが
手札を捨てさせるにより恐怖のアタッカーにもなる。

これら2つの能力により魂を削る死霊は非常に便利なカードとなっている。
しかし多くの決闘者は魂を削る死霊のもう一つの効果である
「効果の対象になったときこのカードを破壊する」を理解していない。

TAKESI (3)

魂を削る死霊の自壊は永続効果によるものだ。
発動はせず、チェーンブロックも作らない。
魂を削る死霊は、対象を取る効果が解決された後にすぐさま破壊される。
たとえその効果解決がチェーンの途中であってもだ。

TAKESI (2)

発動時にモンスターを選択するカードが効果が対象を取るカードだ。
多くのカードが、どのモンスターに適用するかをプレイヤーに聞いてくるわけだが
それらのすべてが対象を取るというそういうわけではない。

そこで覚えておきたいルールがある。
もし発動時に効果を適用するカードを選ぶのであれば、それは何かを対象にとっている。
もし効果解決時にカードを選択するのであれば、対象をとってはいない。
対象に取るのは発動時だけだ。

禁じられた聖槍エネミーコントローラーのようなカードは
魂を削る死霊を破壊することができるカードとして有名な一方で
他にも対象に取る効果を持つカードが多く存在することは、あまり知られていない。

装備カードや何かしらくっつけることができるカードを
魂を削る死霊に対して使うと、魂を削る死霊は自壊する。

よってリビングデットの呼び声魂を削る死霊を蘇生すると
リビングデットの呼び声は対象をとり続けるため
場に足を踏み入れた途端に、墓地に送り返されてしまう。

またアームズエイドを装備した場合でも自壊する。
そしてサイコ・コマンダーのような対象を取る効果を持つモンスターの効果でも
魂を削る死霊は破壊できてしまう。

対象を取るのは発動の一部として行われる。
つまりもし対象を取る効果を発動し、対象を選択
そしてその後、相手はチェーンして発動を無効にしてきた場合は
対象に取るという行動自体無かったことになる。

もし相手が魂を削る死霊を対象に禁じられた聖槍を発動したとしよう
しかし自分は神の宣告を使い禁じられた聖槍の発動自体を無効にする。
発動が無効になったことで発動の一部である対象の選択は行われず
魂を削る死霊は自壊しないで生き残る。

TAKESI (1)

魂を削る死霊の自壊効果は処理時にフィールド上に表側になっていなければ発動しない。
例えばエフェクト・ヴェーラー月の書
氷結界の龍ブリューナクなどの効果の対象になったとしても自壊はしない。

-月の書は、魂を削る死霊を対象にとるが
月の書の効果解決後には裏守備になっているため効果は適用されない。

-エフェクト・ヴェーラーも対象に取るわけだが
効果を無効にしてしまうため自壊しないといけない理由がなくなってしまう。
デモンズチェーンもこのケースに似ている。
デモンズチェーンを魂を削る死霊に使用し効果を無効化
こうすれば戦闘でも破壊することもできる。

-氷結界の龍ブリューナクは、カードを持ち主の手札に戻す効果を持っている。
このバウンス効果も対象をとる効果だが
魂を削る死霊をバウンスした場合、最終的に手札に戻ってしまうため
効果は適用されなくなってしまう。
よって氷結界の龍ブリューナクそして強制脱出装置では魂を削る死霊を破壊できない。

TAKESI (4)

魂を削る死霊で直接攻撃を行う場合
相手は手札からあるカードを発動したいと思うはずだ。
そのあるモンスターとは、戦闘ダメージを受けた時に特殊召喚できる効果を持つ
冥府の使者ゴーズそしてトラゴエディアだ。

このようなモンスターを召喚する場合、魂を削る死霊の手札を捨てさせる効果の発動と混ざって
少し混乱してしまうかもしれないが、幸運なことに、このシチュエーションは非常に簡単に解決できる。


-魂を削る死霊と冥府の使者ゴーズそしてトラゴエディアの効果が発動するタイミングは同じ。

-攻撃側のターンのため、魂を削る死霊の効果が先に発動する。

-ゴーズやトラゴエディアの効果は魂を削る死霊の効果にチェーンする。

-チェーンの解決は逆側から行われるため
ゴーズやトラゴエディアを特殊召喚したあとに
攻撃されたプレイヤーの手札が残っていれば
そのうちの1枚を魂を削る死霊が捨てさせる。


つまり魂を削る死霊は、こちらの手札から召喚できるモンスターの特殊召喚を止めることが出来ず
またゴーズやトラゴエディアが最後の手札だったすれば
魂を削る死霊は何も捨てさせることができないわけだ。

魂を削る死霊は素晴らしいアタッカーでありディフェンダーだ!
多くの決闘者が速いかつ攻撃的なデッキを使う今こそ
魂を削る死霊はサイドデッキに入れると良いカードではないだろうか。

また手札を捨てさせる効果こそ持たないが
戦闘では破壊されず、効果で1000ポイントのダメージを与えることができるマシュマロンも存在する。
しかしこの効果はEvolzar Dolkkaによって無効にし破壊されてしまうので注意して欲しい。
そしてDolkkaにも破壊されることがなく、自壊もしない最強のディフェンダーとして
アルカナフォース0-THE FOOLをセットするなど
魂を削る死霊以外にも代替品が存在することを覚えておこう。

Spirit Reaper: Reaps What it Sows


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

>>もし効果解決時にカードを選択するのであれば、対象をとってはいない。

そんなカードってなんかあったっけ?
  • URL
  • 2012/02/18 00:06

(^ー^)つトリシュ
  • URL
  • 2012/02/18 00:17

>もし効果解決時にカードを選択するのであれば、対象をとってはいない。

>そんなカードってなんかあったっけ?
強制転移とかエアーマンの破壊効果とかソレ系。
  • URL
  • 2012/02/18 00:33

これはTUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!()したくなるわ
  • URL
  • 2012/02/18 00:43

よく分かった!!

芸能界と同じく遊戯王界でも ”世界のたけし”だな(笑)
  • URL
  • 2012/02/18 00:54

でも虫環境の今じゃ壁どころか相手にとって絶好の的にしかならんよな
  • URL
  • 2012/02/18 01:46

結構プレイヤー間では常識的な処理だけど、勘違いしてる人も意外と多いんだよな。

あと、今の環境で死霊は微妙な気もするんだよな。
海外ではハンドアドも取れるから好まれてるんだろうけど。
  • URL
  • 2012/02/18 03:33

海外は兎ラギア環境だからじゃね?虫もいないし。
  • URL
  • 2012/02/18 06:54

ネクロバレーの効果でさえ忘れられることあるからなあ
先日フリーでスキドレ墓守使ったらネクロバレー貼ってる状態なのに
死者蘇生やリビデを使ってくる奴がちょくちょくいて吹いたw
  • URL
  • 2012/02/18 10:12
  • Edit

トリシュは死んだ!もういない!
  • URL
  • 2012/02/18 11:08
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ハンーノ

Author:ハンーノ

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。